悪条件下での運転

悪条件のもとでも運転をしないと帰宅できない、どうしても仕事があるということで無理をして運転をすることがある人においては、特に注意をしてほしいポイントが難点かあります。
というのも日中の運転であったり、晴れている条件下であれば、視界も開けているために前後左右見回しても見やすいということになるのですが、雨が降っていたり夜間であったりということですと、一気にその視界というのは狭まるということにもなるのです。

特に夜の運転においては、ライトをつけても本当に車の前方数メートルしか見えないというような真っ暗な道というのもよくあります。
まして夜中に関しては歩行者も車の走行が少ないということで道路を横断するということも考えられますので、突然歩行者を発見するというような事態がないとは言い切れません。
また雨の際には、日中であっても視界が悪く、曲がり角などで巻き込んでしまうということも考えらえます。

ですからそういった悪条件の際に運転をしなくてはいけないということであれば、そういった危険性というものをはらんでいるということを常に意識しておくということが条件ともなるということなのです。
普段の運転よりも速度を落とし、より注意を払うという事を忘れずに行いましょう。
???? Vol.10 ????