雨の日の運転

車に乗るときはどのような時でも安全に気をつけることが最も重要です。特に天候が悪いときは事故を起こしやすいため、十分に気をつける必要があります。

雨の日はどのような運転をすれば良いのか、まずはしっかりとスピードを落すことが重要です。

晴天の日よりも視界が悪くなるので、突然の判断がどうしても鈍くなります。スピードを出しすぎると、それだけ判断が遅くなるので、いつも以上にスピードを落して安全を心がけることが大切です。こうしてスピードを落すことに加えて、前の車との車間距離を十分に空けておくことも大切です。

特に高速道路を走る場合など、十分に車間距離をとっておけば、前の車が仮に急ブレーキを踏んでも、それに対応してブレーキを踏むことが出来ます。

車間距離が短いと、ブレーキを踏んでも道路が滑りやすい状態なので、事故になることがあります。街中を走るときでも、横断歩道や道路において歩行者やバイクに気をつけることも必要です。視界が悪いことで急に飛び出されてしまうと、反応が遅くなり事故になることがあります。このように天候によって自分の運転の仕方を変える事は非常に大切であり、そうすることで安全に気をつけることができます。

Comments are closed.