ハイドロプレーニング現象とは

ハイドロプレーニング現象とは、自動車のタイヤが道路と水の上で上滑りする現象のことです。
この現象が起こるとハンドル操作やブレーキによる減速が困難になります。
交通量の多い場所で深刻な操作不能状況に陥った場合、衝突事故等の原因になることもあります。

この現象が起こる要因としては、車の構造上の問題の要因と道路の構造の問題の要因やその他の状況などの要因があります。
車の構造上の問題の要因としては、タイヤの空気圧が不十分である場合や排水用の溝が磨耗しているなど、タイヤの整備上の不具合がこの現象を引き起こす原因になる場合があります。
道路の構造の要因としては、道路上に水が貯まりやすい等の排水上の問題がある構造の道路が原因になる場合があります。
その他の状況の要因としては、スピードの出しすぎや天候状態などが影響する場合があります。

この現象が起こらないようにするには、上記の要因等に注意を払いながら、整備や安全対策を行うようにする必要があります。

この現象が行ってしまった場合、自力での解決は困難なので現象が収まるまで待つしかないです。
周囲に車が走行している場合は、ハザードランプを点灯させたりクラクションを鳴らすなどして、危険な状況になっていることを周りに知らせることも事故を防ぐ有効な手段です。

Comments are closed.