夜間の運転

夜間の車の運転は視界が非常に悪く、前方が見にくいためスピードを出しすぎないことが大切です。街中を運転するときは街灯があるので、それほど視界が悪いように感じませんが、夜は道路によっては走っている車の数が少なく、横断歩道以外でも歩行者が横断しようとすることが多いので、どれだけ視界が明るくてもゆっくりと走行する方が良いです。実際、夜の事故ではこうした人身事故は起きやすいものです。

歩行者も車も双方がルールを守ることが大切ですが、事故をしてしまうと車に責任があります。

街中以外では本当に視界が悪くなるので、住宅街や田舎道など、暗いところはハイビームで視界を広げるなど、しっかりと前方に注意したいところです。夜の運転では視界が暗いので歩行者に気をつけることが大切ですが、

夜は道路が空いていることが多く、これによってスピードを出しすぎている車も多いです。そのため、こうした車に気をつけることも大切です。

道路によっては夜になると信号が点滅になることがありますが、このようなときにしっかりと安全を確認してから信号を通過することが重要です。こうして安全に気を使ってルールを守りながら運転することは自分のためでもあります。

 

 
ガリバーの評判ってどう?
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.