距離感が大切

夜の運転では距離感に違いがでてきます。

特に色の濃い自動車の場合は、その存在が見えにくいことに加えて、実際よりも遠くにあるように錯覚してしまいます。

右折時など対向車から濃い色の自動車が来た場合は特に注意が必要です。
また、ヘッドライトなどで照らされていると目が見えにくくなってしまうことがあります。
かならずヘッドライトの光は直視せず、自動車をやり過ごすようにしましょう。
交差点で右折をしたりする場合はどうしても後続車などがいると焦ってしまいがちです。
決して焦ることなく、自分のタイミングで自動車をやり過ごすようにしましょう。
そうすることで自動車の事故を起こす確率をより減らすことが可能になります。

また、前方にいる自動車を確認するときにも注意が必要です。

都会などの明かりが多いところでは殆ど心配がありませんが、田舎道などの街灯がないような地域では前方に黒っぽい自動車がいると、テールランプしか見えないことがよくあります。
テールランプしか見えない場合は、実際よりも遠くに自動車がいるように感じてしまいがちになります。
特に停車に気がつかないということもよくあるので、夜中の暗い道を走行中前方に黒っぽい自動車がいる場合は注意が必要です。

Comments are closed.