車間距離は長めに

雨の日の運転で特に気を付けなければならないのが、車間距離です。雨の日には重大な事故を起こしやすいので、注意が必要です。

何故、距離を長めに取る必要があるのかと言いますと、まず路面が雨で濡れていて滑りやすい事です。特に降雪の後では、雪が雨で凍ってしまい、大変滑りやすくなります。なので、意識をして早目にブレーキを踏み、車間を広く取り停止しましょう。乗車前にタイヤの溝を確認しておきましょう。

また、雨の強さにもよりますが、視界が悪くなります。視界が悪くなりますと、距離感が掴みにくくなりますので、ブレーキを踏むタイミングが遅くなり、衝突の恐れがあります。なので、早目にブレーキを踏む事が必要です。信号も見えにくくなりますので、赤信号に気付かずに進行してしまい、急ブレーキ、または衝突事故になる可能性があります信号だけではなく、道路標識も見えにくくなりますので、注意が必要です。。特に上記に挙げた注意点も、夕暮れ時や夜間の暗い時間帯に起こりやすくなります。この様に、雨に日には、事故の発生が多くなります。雨の日に自動車の運転をする方は、意識して運転をするか、または急ぎの用でなければ、運転を控える様にするのも良いでしょう。

Comments are closed.