対向車のライトとげん惑

私たち人間には様々な能力が備わっています。これは元々備わっているようなものではなく、長い期間を経て徐々に進化を遂げてきた結果でもあるのです。特に他の生物と違う点は手先を起用に使う事が出来ると言うことです。このことが火を起こし、道具を操り、物を作りというようなことを経て、現在の文明社会が築かれていると言えるのではないでしょうか。このような人類の進化と共に、現在の私たちの能力があると考えられるのです。

日常生活を送る中でも、色々な身体能力を駆使して毎日を生活していることになります。特に車の運転に関しましては、装置を操ることと合わせて、状況を判断する能力をも使い続けていることになります。状況を判断するために、目から入ってくる情報を元にして予測を立てているのです。ですから運転上では目の働きは非常に重要であると考えられるのです。

ところが夜間になると暗さのせいで物が見えにくくなります。これが人間の厄介なところなのです。また更に、対向車のライトが眩しすぎてげん惑を引き起こす事があるのです。結局目がくらんで、何も見えない状態になる恐ろしい現象ですから、このようなことに巻き込まれないように、視線を左側に移して、直接光を見ないように工夫することが求められるのです。

Comments are closed.