横滑りに注意

雨の日は地面が濡れており、滑りやすくなっています。
そのため雨の日に自動車を運転していると横風を受けたり、深い水たまりの上を走行するなどして横滑りが起こることがあります。
また、FR車と呼ばれる後輪駆動の自動車の場合滑りやすい仕組みになっているので特に注意が必要です。

このような滑りを防止するためには、急激な速度変化をさせないことが重要です。
急にアクセルを踏んだり、ブレーキを掛けたりすると、すぐにスリップしてしまう場合があります。

また、急なハンドル操作もスリップを引き起こしてしまう可能性があります。
基本的に雨の日にはスピードを出さず、急な操作を控えて走行するようにしましょう。
高速道路などで、雨の日を走行する場合は、道路交通情報をしっかりと調べ、事前に渋滞や事故などが無いか把握しておきましょう。

そして、渋滞や事故などが起こっている場合は、注意が必要です。

前方に渋滞や事故車両を発見した場合にはゆっくりとアクセルを離し、ブレーキをゆっくりかけるようにしましょう。
この時ブレーキは軽く踏むようにします。
力強く踏み込んでしまうとスリップの可能性がありますので注意が必要です。
このように、雨の日にはスリップが非常に起こりやすく危険ですので注意するようにしましょう。

Comments are closed.